春の足音~28

ゴーヤの幡種から定植まで        

鹿児島生まれの私は 数十年も前から夏バテ防止に あのほろ苦いゴーヤ料理が好物で愛用している。今ではゴーヤも一般野菜としてスーパーの野菜売り場で見かけるが、2~30年前は北海道でゴーヤを見かける事はほとんどなかった。 その頃から私は独自の栽培法の家庭菜園で育てながら愛用しているが北海道道の露地栽培でゴーヤ栽培に成功したのは私が多分最初だろうと自負している。
ゴーヤの種子は固い覆に覆われているので中々発芽しないので、一般家庭で苗を育てるのは簡単では無く根気と努力が必要で、私の苗作りは去る3月25日に始めてやっと5月6日に苗を畑に定植した。
① 3月25日から5日間程、ゴーヤの種子を水に浸して水分を吸わせる
② 4月1日 水分を含ませた種子をホットに3粒ずつ幡種してプラスチック容器に入れ、ガラス蓋で密閉したプラスチック容器内にペットポトルに温水を入れてた温源で1日3~4回入れ変え乍ら温めて発芽を促す
③  4月18日 やっと発芽が始まる。 10日程経った時点で間引きして一本だけ残す。
④  5月5日 苗作りを終わり、5月6日に畑に定植してビニールの袋状の風徐覆いをして育てる。
d0067704_15464184.jpg

d0067704_16553254.jpg

d0067704_16562660.jpg

d0067704_16594224.jpg








  
[PR]
by oss001 | 2015-05-09 10:32 | 八十路を歩く!
<< 春の足音~29 春の足音~27 >>