ウイルという居候犬

ウイルという居候犬          平成26年07月26日

このBlogでも何回か登場させたが、我が家には「ウイル」と言う居候犬がいる、犬種は「トイプードル」だが一般的に見かけるトイプードルと比較すると優に三倍はあろうか? 体重も7Kgを超えたいる。
隣のマンションに住む娘宅の犬だが、我が家の居住権を確保し既に居候犬と言うより家族の一員として顔を利かしている。ウイルのお蔭で老体の私だが朝夕2回の散歩が日課となってそれなりに私の健康維持に協力!(^^)!してくれている。
このウイルの誕生日は「2003年6月」で8月に娘宅に買い取られて同居人となったので、満11歳を過ぎ人間なら還暦も過ぎた年代だろうか?  身に纏った毛皮が冬期の北海道では大いに役立っているのだろうが、この暑さには気の毒で、今日久しぶりにトリミングに連れて行きさっぱりしたが、この散髪代が馬鹿にならない。 2~3か月置き1回6000円も取られるのに比較し、小生の散髪代は一回1000円 月2回として3月でウイルと同額という事になる。
娘宅に買い取られた頃のウイルは何とも「縫いぐるみ」のようで可愛かったが、人懐こい性格だけはあの頃と少しも変わらないのが私達夫婦のお気に入りで可愛がられている。

※ お断り 天候にもよるが28日から当分の間、鮎を追って留守にします
d0067704_22384470.jpg
d0067704_22385936.jpg
d0067704_22390915.jpg



[PR]
by oss001 | 2014-07-26 22:44 | 今日の思いで!
<< 2014NFS鮎トーナメント 美術展出展準備 >>