カテゴリ:気の向くまま!( 20 )

Merry Christmas

Merry Christmas           平成26年12月25日

d0067704_20541022.jpg

d0067704_2045824.jpg クリスマスは本来「イエスキリストの降誕を欧州で祝ったのが始まりで紀元前8年頃と言われているが、日本では明治33年に明治屋が銀座に進出しクリスマス売り出しを行ったのが最初で現在のような商業ペースのお祭りとなったのは戦後の昭和23年頃らしい。政府も「国民の祝日にしたら」との意見もあるそうだが12月23日(天皇誕生日)との兼ね合いで結論に至っていないそうである。 
d0067704_20521436.jpg

さて クリスマスの雰囲気を醸し出すが如く、札幌も昨夜から降り出した雪が30cm程も積ったろうか? 雪の重さに頭を垂れて道行く人達を上目使いに覗いている街路樹も何かしら淋しそうだった。
d0067704_205258100.jpg
d0067704_20531385.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-12-25 20:33 | 気の向くまま! | Comments(2)

年末交流会

年末交流会   平成26年12月16日

一昨日の14日は私が所属する小樽しりべしシニアネットの年末交流会で大いに盛りあっがた。 シニアネットの会員には普段は気付かないが隠れた特技を持っている会員が多く、年2回実施される会員交流会では毎回良くもこんな事を考えつくものだと思うような奇抜なアイデアで参加会員を楽しませてくれる。 

交流会では お琴の伴奏で「桜貝の歌」などの合唱、会員の日常生活を取り込んだ愉快な万歳の3名トリオ、全員でリーダと対決するジャンケン大会等など腹を抱えて笑いこけ、大いに会員間の交流を密にした。
会場を変えて希望者だけの2次会でもカラオケやダンスのほか「会員手作りの袢纏を着ての「長生き音頭」などで3時間近くも過ごしストレスを発散させ楽しい2次会だったが、それでも飽き足らない23名が今度は小樽の花街に流れ、スナックを貸し切って小樽のシニアネットとしての今年最後のイベントを心ゆくまで堪能して散会したがシニアネットの会員達は気持ちも若いし皆んな元気だ!
d0067704_1930502.jpg
d0067704_19311158.jpg
d0067704_19313942.jpg
d0067704_19315771.jpg
d0067704_19321262.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-12-16 19:34 | 気の向くまま! | Comments(1)

桑園延命地蔵尊

桑園延命地蔵尊!        平成26年12月13日

我がマンションの南側はJRの高架橋で高架になる前のJR線路跡の札幌駅~桑園駅間は現在遊歩道として市民に親しまれている。 この遊歩道沿いの10丁目付近に「桑園延命地蔵尊」が建立されているが「由来書」によると、この付近にあった踏切で多くの犠牲者が生じていた犠牲者を悼み霊を弔うとの趣旨で昭和2年に建立され現在に至っている事を知り「延命地蔵尊」への思いを新たにした。
d0067704_1828316.jpg

d0067704_1861276.jpg
d0067704_1863332.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-12-13 21:00 | 気の向くまま! | Comments(2)

マンションのXmasツリー

マンションのXmasツリー     平成26年12月12日

私の住むマンションの特徴は、送迎用の車寄せのある玄関と、豪華な2台のシャンデリアが灯る ホテル並みに広々としたエントランスだが、初めての来客にホテル併設のマンション? と聞かれたことがある。
そのエントランスの奥まった場所に今年も住人寄贈のXmasツリーが飾られ 否応なしにクリスマス近しの雰囲気を醸し出してくれている。 孫のいない我が家なのでXmasツリーの前でウイルに一寸気取らせて見たがどうやらウイルはXmasよりオヤツの方が良いらしい(´・ω・`) 
 
d0067704_1557073.jpg
d0067704_15574571.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-12-12 09:30 | 気の向くまま! | Comments(0)

ウイルの散歩道!

ウイルの散歩道!          平成26年12月11日

暖かかった今日も北大キャンバスにウイルと散歩に出掛けた。
色々な建築様式を誇る北大の建築物群の中で 全ての樹木も落葉し白一色の雪景色の中にあっても 一際引き立つ白亜の洋館「古河講堂」が私は好きで水彩画の題材として取り上げたことも過去にあった。
この建物は足尾銅山鉱毒事件後の償いの意味も併せ、社主の古河虎之助氏が帝国大学創設費として百万円を政府に寄付した一部を財源として、茨木出身の文部技官・新山平四氏の設計により札幌の大工・新開新太郎氏が1909年11月末に林学教室として施工したと聞く。

※ 写真は古川記念講堂と北大総合博物館前のウイル
d0067704_1515219.jpg
d0067704_1522896.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-12-11 12:30 | 気の向くまま! | Comments(0)

子供は風の子!

冬の散歩 (寒さに負けない強い子)       

「子供は風の子」という言葉があるが北国の園児達は寒さなんかに負けずに強くて逞しい!  昨日 北大構内に散歩に出掛けたが、ソリ滑りや駆けっこで飛び回っている多くの園児達に拍手を贈りながら 「冬に雪が積もり寒いのは当たり前のことで不思議な事では無い! そう思うのはご都合主義の大人達の世界のことだ!」 知人の児童心理学教授が以前そう言った言葉を思い出した。

※元気な園児達とクラーク記念碑前でカメラに収まる「ウイル」
d0067704_13521721.jpg

d0067704_13344977.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-12-11 09:30 | 気の向くまま! | Comments(0)

冬の散歩~1!

札幌都心部の積雪      平成26年12月8日

全国的な大雪を尻目に今日現在札幌都心部の積雪は日陰でも5Cm程度である。
隣町の小樽でも4~50Cmも積もったと言うし!テレビのニュースで徳島県で犠牲者まで出る大雪害だとか?申し訳ないが札幌では信じられない気持ちだ!
只 気温だけは超一級の寒波到来で日中でも気温はプラスに上がらない真冬日が2~3日続き道北の朱鞠内ではマイナス23度を記録したとか? それだけに歩道が凍結して歩くのに慣れてる筈の道民でも油断すると「スッテンコロリン」と無様な姿のご披露目となる!(´・_・`)

これから春先まで午前と夜の9時~10時頃の2回、どうしても居候犬ウイルの散歩にお付き合いしなければ成らないのが私には少なからず苦痛だが、どんなに寒かろうが大雪だろうが!ウイルに催促されると時には大雪でウイル共々雪だるまに成りながらも宿命とあきらめて続けている。
d0067704_22293510.jpg
 
  
[PR]
by oss001 | 2014-12-08 22:30 | 気の向くまま! | Comments(2)

ミユンヘンクリスマス市

ミユンヘンクリスマス市     平成26年11月30日


札幌の姉妹都市であるミユンヘン市が主催するミユンヘンクリスマス市が、例年通り札幌大通り2丁目で開催され、特にこの時期は札幌市のイルミネーション点灯時期と重なり賑わっていた。 一度積もった積雪もすっかり溶け、特にここ2~3日の日中は10度近くに気温も上がり日曜日の今日は子供連れなど家族での来場者で飲食店などの前には行列が出来て大混雑だった。
d0067704_23581063.jpg
d0067704_23583081.jpg
d0067704_23584128.jpg
d0067704_23585669.jpg
d0067704_23591212.jpg
d0067704_23593778.jpg
d0067704_235953100.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-11-30 23:30 | 気の向くまま! | Comments(3)

札幌のイルミネーション!

札幌のイルミネーション  平成26年11月27日

久しぶりのBlog更新となった!
札幌では毎年恒例の年末イルミネーションが現在点灯されている。 但し 少エネという事で大通りのイルミネーションは自家発電機による点灯で市内全体でも企業等が協賛するイルミネーションも含め随分少なく一寸淋しい気もするが、原発再稼働に反対の私はこれで十分だと思っている。
d0067704_20585424.jpg
d0067704_20591057.jpg
d0067704_20592720.jpg
d0067704_20594738.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-11-27 21:07 | 気の向くまま! | Comments(4)

スーターへの道!

スターへの茨の道!  平成26年11月20日

昨日家内が 私の傘寿のお祝いと小樽のとあるホテルでのデナーに招待してくれた。
共通の友人二人も同席し、バイキング方式で夫々が好みを料理を囲み楽しいデナータイムを堪能した。
そろそろ終わろうか?と思っていたら私の携帯に知り合いのママさんから「美桜かな子」と言う新人歌手のDND発売記念のデモでのショーがあるが、聞きに来ないか?とのお誘いだった。
時間も有る事だし新人と言えども一応はプロ歌手、むしろ売れっ子の一流歌手以上に一生懸命頑張る事だけは間違いない!とその酒場に直行、既に満席でごった返していたが、ママさんの計らいで久しぶりに良い席からプロの歌声とトークを楽しむ事が出来、想定外のラッキーな傘寿の思い出を刻むことが出来た。
それにしても何処の世界もスターの座に登りつめるには険しい茨の道を人知れず一歩々頑張って勝ち取らなければならないのだと!教えられた傘寿でもあった。
d0067704_20294466.jpg
d0067704_2030682.jpg
d0067704_20302194.jpg

[PR]
by oss001 | 2014-11-20 20:45 | 気の向くまま! | Comments(1)