カテゴリ:平成29年を生きる!( 12 )

札幌にも春の足音が!

今日の北海道は各地で今年一番の暖かさで、帯広では19度を超えたとか札幌でも16度まで気温が上がり、いよいよ春近しを感じる一日だった。
そんな中いつもの日課である犬の御伴で散歩に出掛け陽気に誘われ北大構内まで足を延ばした。 雪が融けた南向きの路肩を覗くと、近くの残雪を
尻目にフキノトウや小さな草花等が可憐な花を咲かせ、いよいよ春近しを肌に感じた一日だった。

d0067704_22240286.jpg
d0067704_22243312.jpg

[PR]
by oss001 | 2017-04-05 22:47 | 平成29年を生きる! | Comments(2)

戻り雪?と桜花

本土では桜の開花ニュースが飛び交っているのに、昨日今日と北海道では低気圧の影響で一面真っ白の冬景色へと逆戻りだった。折角融けた路肩にも結構な量の積雪を観測した。そんな中に、我が家では過日マンション前庭の剪定時の桜の枝を花瓶に挿していたのが、ちょうど東京の開花宣言の日に合わせて開花をはじめ、今日は丁度見頃を迎え札幌では一足先に東京と同じ日の花見に心が癒された。 
戸外の真っ白な雪の世界で、今を盛りの満開の桜を同時に眺められるのも北海道ならでの春遠からじの楽しみなのだろう!

d0067704_00195795.jpg
d0067704_00204068.jpg
d0067704_00211824.jpg

d0067704_00220100.jpg
d0067704_00222937.jpg


[PR]
by oss001 | 2017-03-24 23:00 | 平成29年を生きる! | Comments(2)

マンション庭園植木の剪定作業

3月も中旬を迎え、南北に長い日本列島では、そろそろ桜前線のニュースも聞かれる頃だが、札幌も残雪の多い中にも春近しを感じる季節となって来た。
私の住むマンションには「ガーデンパレス」の名称にふさわしく桜やかつら等の高木だけでも70本程植樹されているが、樹木の生長は想定外に早く将来を
展望すると密植過ぎて草花などが日陰となり育たなくなる弊害が生じだして来たので、マンション住民有志で運営している「ガーデンクラブ」が
中心となって密植した桜や桂等の間伐と大掛かりな選定作業を3日間をかけて行うことにした。
昨年は「札幌市の綺麗な桜十選」に選ばれたのに、桜だけでも10数本を間伐することになったが、将来に夢を託しての伐採作業だった。既に蕾の
膨らみかけた小枝などは希望する住民に分配して花瓶に挿して一足早い桜花を楽しんでもらうこととした。


d0067704_17054303.jpg

d0067704_17062271.jpg


d0067704_17070853.jpg

d0067704_17073621.jpg


[PR]
by oss001 | 2017-03-13 17:09 | 平成29年を生きる! | Comments(2)

端午の節句

「光陰矢のごとし」と言うが今日は3月3日、昔は「端午の節句」と言ったが今は「ひな祭り」と呼称が変わったが、女の子の成長を祝しての
お祭りに変わりは無い。我が家ではすでに娘達二人も夫々が結婚して独立し今は夫婦二人だけだが、今年も例年通り家内は「チラシ寿司」を作り、
同じ敷地内の別棟に住む末娘宅に裾分けして細やか乍らも「ひな祭り」を祝し会った。
写真は当マンションのエントランスに飾られたものだが、昨日の暖かさとは打って変わて吹雪交じりの北風が吹き荒れる真冬へ逆戻りの寒さにお雛様も震え上がっておいでだろう。
d0067704_00090528.jpg

[PR]
by oss001 | 2017-03-04 00:09 | 平成29年を生きる! | Comments(2)

今年一番の暖気

今日の札幌は多分今年一番の暖気になるだろう? 道路上の設置された温度計は午前10時過ぎすでに+7.4度を指し且つ雲一つない青空に一気に雪解けが進みいたるところに水溜りが出来て歩行もままならない状態で、我がマンションの植え込みにある「もくれん」の花芽も膨らみ北国札幌にも春近しを感じる今日の札幌だった。

d0067704_23151805.jpg
d0067704_23154054.jpg
d0067704_23155318.jpg




[PR]
by oss001 | 2017-03-02 23:18 | 平成29年を生きる! | Comments(0)

さっぽろ雪まつり~2

昨日の午後、所用を兼ね「さっぽろ雪まつりのすすきの会場」を観賞しに行って来た。
例年の事だが、この素晴らしい氷の芸術作品の制作者の大半はホテルなどで働いている俗にいう板さん達で、その才能は料理を作るだけでなく
料理を目で楽しませる飾り付けの基本もこうした技術の積み重ねから生まれる事をつくづく感じながらの観賞だった。
大きく積み上げられた氷の山に下書きする事も無く、脳裏に描いた設計図を基に初めはチエンソーで大胆に削り取り乍ら最終的にご覧の通りの
芸術作品に仕上げて行く技術は、素晴らしい彫刻作品を制作される芸術家と変わらない正にプロの技だろう。

写真上から ①賑わう会場の観客  ②最優秀受賞作品  ③ 準優秀受賞作品 ④優秀受賞作品④⑤その他作品
※ 写真の一部は見やすいように背景を加工しています。
d0067704_23372885.jpg

d0067704_23444031.jpg

d0067704_2345870.jpg

d0067704_2345389.jpg

d0067704_23455846.jpg

d0067704_23461522.jpg

[PR]
by oss001 | 2017-02-09 08:00 | 平成29年を生きる! | Comments(2)

さっぽろ雪まつり

本日(2月6日)から始まった第68回さっぽろ雪まつりのメーン会場の大通り会場にカメラ片手で一足早く昨日訪問し会場を一巡しカメラに収めて来たので
紹介します。今年の大通会場には5基の大雪像、2基の大氷像をはじめ116基の雪像などが製作され、前日と言うのに会場では中国や韓国を初め英語圏などの
観光客が押し寄せて今では国際的な冬の祭典となった「さっぽろ雪まつり」人気の高さに驚きながらの観賞だった。
d0067704_22533390.jpg

d0067704_22535438.jpg

d0067704_22544746.jpg

d0067704_2255840.jpg
d0067704_22555339.jpg

[PR]
by oss001 | 2017-02-06 22:56 | 平成29年を生きる! | Comments(0)

小樽シニアネットの新年会

昨日は私が小樽在住時に立ち上げたシニアネット第14回目の新年会だった。
私共の会員でもあるY氏が経営する、小樽随一のライブホールを借り切って、会員達が昔取った杵柄と張り切っての「餅つき」そして「お雑煮」や
「お汁粉」など突きたてのお餅でのフルコースを肴に大いに飲み、そして談笑しながら、意義ある2時間を今年一年間の会員共々の健康と
シニアライフの精進を祝いあった。
引き続いて同会場で2次会と称し更に2時間、会員達が和気あいあい「カラオケ」や「社交ダンス」に酔いしれながら、延々4時間に亙って新しい年への抱負を大いに楽しんだ。
d0067704_17445358.jpg
d0067704_17492992.jpg
d0067704_17531623.jpg




 

[PR]
by oss001 | 2017-01-26 18:31 | 平成29年を生きる! | Comments(2)

今年も雑務多忙の年明けでした。

年明け後も連日雑務に追い回されていた私でしたが、昨日で何とか一段落したので久しぶりにBlogを開き、忘れ去られたように
長期間記事の更新をされていない我がBlogに恥じ入りながら、その間の2~3について報告を兼ねての更新です。
まず今年最初に私にショックを与えた事件は、小樽シニアネットの創始時期から長年にわたって会員のために御尽力をされていた
先輩会員が天命を全うされて召天され、私には初めての経験だったクリスチャンの教会葬(召天の会)に参列し最後のお別れを
しなければならなかった事でした。
d0067704_1629436.jpg
 
悲しみもつかの間、年中行事たる何だかんだと理由付けされた新年会で、昨日まで大小5回をこなしましたが、その中からの2~3を
2回に分けて紹介します。下記は私の住むマンションの新年会で、例年系列のホテルで実施され個人負担がゼロ円で今年も80数名が参加し
ビンゴゲームなどで大いに楽しんだ。
d0067704_17104238.jpg
d0067704_17112086.jpg




[PR]
by oss001 | 2017-01-26 16:31 | 平成29年を生きる! | Comments(0)

北海道神宮 初詣

小樽在住の現役時代は初詣は元旦と決めていたが現役を引退して札幌に転居し、北海道神宮に詣でるようになってからの 正月3が日は
大混雑で止む無く混雑が緩和される6~7日頃に行く事にしている。それでも駐車場などが混雑するので、延々と何キロも数珠つなぎの
車列で1時間以上かかってやっと駐車場に入る事が出来た。又境内で拝殿まで進むのに20分ほど延々と続く行列、隣の参詣者の集団の
話し声がうるさいので良く見ると中国からのツアー客らしい! なるほどと参詣後に賽銭箱やおみくじ売り場などを見ると、英語表記
中国語表記 そして韓国語表記、それに日本語と4種類の標記と共に夫々の国民向けに作られて販売されている商魂の逞しさに驚いた。

d0067704_23595634.jpg
d0067704_00911.jpg

[PR]
by oss001 | 2017-01-08 08:00 | 平成29年を生きる! | Comments(2)