マンション庭園植木の剪定作業

3月も中旬を迎え、南北に長い日本列島では、そろそろ桜前線のニュースも聞かれる頃だが、札幌も残雪の多い中にも春近しを感じる季節となって来た。
私の住むマンションには「ガーデンパレス」の名称にふさわしく桜やかつら等の高木だけでも70本程植樹されているが、樹木の生長は想定外に早く将来を
展望すると密植過ぎて草花などが日陰となり育たなくなる弊害が生じだして来たので、マンション住民有志で運営している「ガーデンクラブ」が
中心となって密植した桜や桂等の間伐と大掛かりな選定作業を3日間をかけて行うことにした。
昨年は「札幌市の綺麗な桜十選」に選ばれたのに、桜だけでも10数本を間伐することになったが、将来に夢を託しての伐採作業だった。既に蕾の
膨らみかけた小枝などは希望する住民に分配して花瓶に挿して一足早い桜花を楽しんでもらうこととした。


d0067704_17054303.jpg

d0067704_17062271.jpg


d0067704_17070853.jpg

d0067704_17073621.jpg


[PR]
by oss001 | 2017-03-13 17:09 | 平成29年を生きる! | Comments(2)
Commented by Puffco at 2017-03-16 17:08 x
札幌でも桜の蕾がもう開花 の準備をしているのですか早いですね。福岡はあと一週間で開花の予想ですが、私の住む一角の桜はまだまだ蕾も見当たりません。本当に咲くのかと思うほど素気ない裸木のままです。でも無表情な皮の下には生命が脈打って開花を期しているのでしょう。
Commented by oss001 at 2017-03-16 22:09
いくら雪深い北国であっても植物達には、ちゃんと春の訪れが判って子孫を残すべく
いち早く花を咲かせるんですね~! 
この前の剪定時に花瓶に挿した桜の小枝の蕾も大分膨らんで、後1週間~10日で
開花しそうで楽しみです。
<< 戻り雪?と桜花 端午の節句 >>