北海道神宮 初詣

小樽在住の現役時代は初詣は元旦と決めていたが現役を引退して札幌に転居し、北海道神宮に詣でるようになってからの 正月3が日は
大混雑で止む無く混雑が緩和される6~7日頃に行く事にしている。それでも駐車場などが混雑するので、延々と何キロも数珠つなぎの
車列で1時間以上かかってやっと駐車場に入る事が出来た。又境内で拝殿まで進むのに20分ほど延々と続く行列、隣の参詣者の集団の
話し声がうるさいので良く見ると中国からのツアー客らしい! なるほどと参詣後に賽銭箱やおみくじ売り場などを見ると、英語表記
中国語表記 そして韓国語表記、それに日本語と4種類の標記と共に夫々の国民向けに作られて販売されている商魂の逞しさに驚いた。

d0067704_23595634.jpg
d0067704_00911.jpg

[PR]
by oss001 | 2017-01-08 08:00 | 平成29年を生きる! | Comments(2)
Commented by Puffco at 2017-01-08 10:23 x
暖かい元旦に歩行練習を兼ねて近くの警固神社へ行きました。年末年始と七五三時にしか混まない神社です。元旦はお店が並び参拝客の中にはやはり外国人がカートを曳いて参拝してる姿が多かったです。博多港に朝着く船の人達でしょう。元日は商業施設の休店が多いので神社やお寺も観光客が多いようです。
Commented by oss001 at 2017-01-10 22:53
Puffco様 今は外国の観光客である程度は日本経済が潤っているんですね。
それにしても「おみくじ」までが多国籍の観光客向けに作られているとは知りませんでした(*_*)
今年も私は何だかんだと雑用に追われそうな年明けで、今日は古い会員で敬虔なクリスチャンの
召天式(通夜と告別式を合体した)とやらに行って来ました。明日は今年2度目の新年会です。
<< 今年も雑務多忙の年明けでした。 新年を寿ぐ会 >>